Skip to content

食に関する資格、食育アドバイザーとは

みなさんは食育アドバイザーという資格をご存知でしょうか。

私は10年以上前になりますが、栄養士の資格を取得するため短期大学で勉強しました。

その時には、「食育アドバイザー」

ではなく、「食生活アドバイザー」

という資格に特化したコースがありました。

2005年に食育基本法が成立したこともあり、時代とともに食育に対しての興味や取り組みが高まり、食に関する資格が増え続けています。

食育アドバイザーとは、栄養学の基礎・身体の仕組みについて学んで、食育活動が行えることを証明する資格です。

資格取得についてのテレビコマーシャルで注目されている資格の一つで、学校に行かなくても在宅で勉強できて、最短4ヶ月というスピードで受験資格が得られるのも人気の一つのようです。

資格取得講座の人気ランキングでは上位に入っています。

資格を取得することで、買い物をしていても、鮮度の見分け方が分かる・食材の組み合わせや旬の食材を気にして選ぶことができるので、家庭でも役立つと思います。

人は食事をしなければ生きていくことができないので、一人暮らし・家族で暮らしている人に関わらず、料理は必要なものです。

外食で済ませば問題ないと思っている人もいるかもしれません。

しかし、外食では自分がどのくらいの塩分を摂取しているのか分からないですし、詳しい食材も分かりません。

子供とクッキーなどのお菓子を作ると、バターや砂糖の量の多さに驚きます。

その後、買ったクッキーを食べる量も自然と少なくなりました。

レシピ本は書店に行けば多く並んでいますので、そこから健康的な食事を作れば良いと思うかもしれません。

しかし、栄養の勉強をしなければ、良い食材の組み合わせも分かりません。

食育アドバイザーは、食に関することを気軽に学べるのが良い点だと思います。

ハードルが高いと勉強するのもつらいものです。

食育アドバイザーについて詳しく記載しているサイトがこちらです。

食育アドバイザーの資格を取ろうとお考えの方へ

食に関する資格が多いので、どの資格にしようかと悩んでいる方にも是非見てもらいたいサイトです。

Categories: .