Skip to content

食育アドバイザーの資格取得後の活かし方

食育アドバイザーの資格を取得することで、今まで分からなかった「食」

に関することが見えてきます。

就職や転職に活かすためには、すでにある資格にプラスする形が良いかもしれません。

最近、高齢社会の影響で注目度が高まっているホームヘルパーの仕事に食育アドバイザーの知識をプラスすることで活かされるものも多いと思います。

栄養士や管理栄養士のように学校で学ぶことで取得する資格ではないので、活かせる幅が狭く感じてしまうかもしれません。

たとえ栄養士であっても、時代による変化に対応するため勉強は欠かせません。

いきなり資格を活かして食育指導などと考えずに、身近な人へ伝えていくことや家族の健康を守ることができるので、自分自身の生活に役立てることから始めるのが良いかもしれません。

長く携わることで、フリーランスとして食に関する講座を開くこともできますし、イベントに参加することも可能です。

この資格は食の知識の第一歩として考えて、これからも様々なことを学んでほしいと思います。

食育アドバイザーはまだ新しい資格なので、認知度や必要性が低く感じられるかもしれません。

しかし、最近では食品業界で食育の資格を推奨している会社が増えてきており、食育アドバイザーの需要も上がりつつあります。

イベントや料理教室に招かれることもあり、評判も良いようです。

食育は小さいお子さんからお年寄りまで必要なことですので、幼稚園・保育園・小学校などの教育機関や病院などの医療・福祉機関でも食育アドバイザーが求められているようです。

私の子供も保育園と小学校に通っており、食に関する教育を受けた際には、家で自慢げに話をしてくれます。

「まごはやさしい」

など健康によい食事を子供にも分かりやすく説明してくれるのが良いところです。

子供たちの真剣な眼差しが伝える側にも充実感が感じられることでしょう。

口コミのサイトでは役に立たないと記入されていることもありますが、他の資格であっても同じことで、役に立つように努力しなかった結果だと思います。

結果が出せるまで学ぶことをやめずに続けること、新しい開拓が必要だと思います。