Skip to content

食育アドバイザーになるためには

食育アドバイザーは国家資格ではなく、民間の認定資格です。

食育アドバイザーになるためには、在宅で学ぶことができる専門の通信教育・通信講座での課程を修了して、試験も在宅で行います。

特に子育て世代の人には、学校へ通う必要がなく資格取得ができるのがメリットだと思います。

私も幼い子供を育てているので、在宅で学べる資格をいくつか取得しました。

「食」

に関する資格の中でも、資格取得がしやすい初心者向けの資格で、受講費用はおよそ5万円です。

通信講座の会社によっては、ネット割引や月々の分割システムを導入しているので、家計の負担を抑えながら学ぶことができると思います。

生活している中で必要なこと、食事と健康について知っておくと役立つこと・家族など周囲の人へ食のアドバイスができるなど、食育に関することを幅広く基礎知識を学ぶことができます。

食育アドバイザーは、食に関わる第一歩として、気軽に取得できる資格だと思います。

通信講座の最短で約4ヶ月で取得できます。

食育アドバイザーの資格はまだ新しい資格です。

食育アドバイザーの学習内容は、食育の基礎知識・栄養学の基礎知識・消化と吸収のしくみ・厳選された全265種類の食材の基礎知識・食育活動について・食品の安全性についての基礎知識・食育活動について学びます。

生活に密着したものから専門的分野まで様々なことを学ぶ必要があります。

気になる受験料は3,600円で受講費とは別です。

試験は在宅でテキストを見ながら受けることができるので、暗記が苦手な人にも受けやすいと思います。

筆記の記述式試験です。

試験の時期は、随時なのでいつでも受けることが可能です。

合格基準は70%の得点率です。

どの資格にも言えることですが、世の中のニーズが高まるにつれて試験内容が難しくなってきます。

資格取得を考えている人は、早めの取得がおすすめかもしれません。

食に関する資格は、まだまだ沢山あるので食育アドバイザーの資格取得をきっかけに、その他の資格や分野に興味を持ってもらえたら良いなと思います。