Skip to content

食育アドバイザーの他に数ある「食」に関する資格について

食育アドバイザーの資格の他に、食に関する資格は数多くあります。

私が栄養士になるための勉強をしている時も、管理栄養士・スポーツ栄養・食生活アドバイザーなど多岐にわたっていました。

初心者向けとされる資格には、食育インストラクター・食育メニュープランナー・介護食アドバイザー・薬膳コーディネーター・国際薬膳食育師・醸しにすと・マクロビオティックセラピスト・ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー・食生活アドバイザーなどがあります。

最近では、テレビコマーシャルでアイドルが薬膳コーディネーターの資格を取得するまでの過程を流していました。

忙しい中でもチャレンジできることが伝わってくるものでした。

今の日本は高齢社会に突入し、多くの高齢者が生活しています。

高齢になるにつれて咀嚼が上手くできず、今までの食事が困難になることがあります。

介護食アドバイザーは今の時代に合わせた資格なのかもしれません。

食育アドバイザーの資格とともに、その他の資格にもチャレンジしてみてはいかかがでしょうか。

食育アドバイザーの上位資格に「上級食育指導士」

という資格があります。

食育アドバイザーの上を目指したい人・学校などで食育指導をしたい人・就職に活かす資格が欲しい人などにおすすめです。

フード業界で働いている人向けなのは、フードアナリストです。

食文化に関わる知識や、レストランの料理・店舗の雰囲気などを評価・分析する知識と教養を学びます。

4級から1級まであります。

その他にプロを目指している人向けなのは、食育スペシャリスト・フードコーディネーターがあります。

フードコーディネーターは、受験料と受講料などを合わせて50万円と高額ですが、本気で食のプロを目指している人には価値のあるものになると思います。

独学でも可能ですが、通学講座で学びます。

最近では、栄養士の資格をもつ人も受験しているようです。

テレビや雑誌などでも活躍しているのを多く見かけるようになりました。

このように、食に関する資格が沢山あります。

気になる資格があれば、ぜひ調べてみて下さい。